2006年07月23日

誕生日プレゼント

こんにちは、ゆきちです。
カフェ休憩中、ケータイからです。

うちの子の誕生日が、9月2日なので、誕生日プレゼントを買い物中。
準備するには少し早すぎるんじゃないかって思われるかも知れませんが、エアメールでの発送になるんで、ちょいと早めに準備して、発送予定です。
エアメールってことで、容量的、重量的な制限が出てきてしまうので、物が限定されてしまうのが痛いところ…
条件としては、子供が喜ぶようなもので、日本らしくて、比較的軽くて、小さいもの……
難しいなぁ( ̄^ ̄)

とりあえず、高島屋、ハンズをぶらついてはいますが、なかなか「これ」と言ったものがないんですよ。
どれか条件を削らないと無理っぽそうだなぁ。


ちなみに、今回プレゼントをあげるのは、当たり前ながら実子ではないです。
ボランティア団体を通じて支援してあげている、ベトナムの子ですから。

ふー、もうちょっと探してみるかなぁ。
posted by ゆきち at 14:55| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

これはちょっと・・・・

いや、何がびっくりって、あの野口英世さんの金太郎飴ですよあせあせ(飛び散る汗)

正直きも・・・いやいや、可愛くってぜひほしいなぁと思ってしまう。
味はやっぱり、渋い大人の味なのだろうか?
それとも、外見に似合わず、フレッシュなレモン味?
いやいや、甘いマスクにあわせた、甘々飴味??

なんて考えていると、興味は募るばかり。
福島へ行く機会があったら、ぜひ買ってみたいお土産ですね♪

【記事詳細】
posted by ゆきち at 22:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

笑の大学

【タイトル】
笑の大学

【関係者】
三谷幸喜(脚本)、星護(監督)、役所広司、稲垣吾郎

【個人的評価】
★★★★☆

【感想】
この作品で一番特徴的なのは、映画全体の9割5分が、「椅子が二つに机が一つ」という部屋で繰り広げられることですね。
で、しかも、出演者は基本的に、役所広司さんと稲垣五郎さんの二人。
これ以外の人は、出ても5分未満。

この、「一つの部屋、二人の俳優」で映画を撮りあげてしまった、という点に何よりも驚きました。

こういったシチュエーションの映画って言えば、sawが挙げられると思うのですが、あれはフラッシュバック形式で、二人以外にも何やかやと登場してきますからねぇ。
笑の大学のほうが、二人きりの時間というのは長いでしょう。

多分これだけ聞いて気になる部分というのは、「そんな一つの部屋に男が二人っきりの映画って、一体どういう話?」ってことだと思いますので、簡単にストーリー紹介。

時代は、太平洋戦争真っ最中。
劇場で演劇を行うためには、台本を事前に作成し、国の許可を得ないと上演できないという設定。
そんな設定の中、吾郎ちゃんは喜劇作家。役所さんは警察の検閲係職員であり、吾郎ちゃんが公演したい台本を何度も何度も修正し、役所さんの所へ持っていくという話です。
このとき、何度も台本を持っていく中で、「どうやったら上演許可が出せるか」というやり取りを、吾郎ちゃんと役所さんの間で行うのですが、このやり取りが面白い。
観てて飽きないです。

時間に余裕があって、なんだかくすっと笑ってみたい。それでもって、最後は感動できれば最高!っていう気分のときに観ると良い映画だと思います。




posted by ゆきち at 11:42| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

男が使う洗顔料

アンケート結果を見てみると、男性用/女性用、どちらの洗顔、スキンケア用品を使っているかは、偏りがないみたいです。

まぁでも、それはそうですよね。
結局肌の質、個人的な仕上がりの好み、に左右される部分ですから、一概にどっちがいいって言えないですよね。

ところでゆきちはどうかというと、洗顔には「ナチュルゴ 男の泥洗顔」をずっと使っています。
スクラブ入りですっきりな仕上がりになりつつ、泥効果でお肌も健康に(ホントカ!?)なる感じが良いです。
んで、ヒゲ剃る時は「UNO シェービングジェル」。
ヒゲ剃った後は、「MEN'S 肌水」。
とまぁ、顔に関する部分ではこんな感じですねぇ。

ところで、洗顔製品って、ある日を境に「えいやっ」って変えてしまうのってなかなか勇気がいりません?
300gのとかじゃなくて、お試しパックと称して、10gパックなんかが販売してたら結構いいのになぁ。
旅行のときも、大きなチューブ持ち歩かなくても済むようになるし。
一回分10円、高くても20円くらいまでなら、ゆきちなら買ってしまいそう。

似たような商品、コンビニの一回用ドレッシングってのも結構便利なんで、ちょくちょく買ってしまうんですよねぇ。
良いと思うんだけど。
【記事詳細】
posted by ゆきち at 09:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

タナカヒロシのすべて

【タイトル】
タナカヒロシのすべて

【関係者】
田中誠さん(監督)、鳥肌実さん、宮迫さん、市川実和子さん、加賀まりこさん、ユンソナさん、などなど

【個人的評価】
★★☆☆☆

【感想】
平凡に生活しているタナカヒロシですが、あるときを境に、人生のどん底へと転がり落ちていきます。
この転がり落ち具合が見もの。
というか、ここ以外は特に見所はない。

奥田英朗さんの小説に、「最悪」という作品があるのですが、これに勝るとも劣らない最悪ぶり。
父が死に、母が死に、詐欺に会い、尿道結石になり、家を失い、職を失い、ペットは心臓病・・・・こんなにたくさんの不幸がいっぺんに訪れたら、自分だったら耐えられないです。

「気分がブルーだから映画でも観るか」ってのりの時には、ネガティブ思考な方は、絶対見ないほうが良いと思います。
やっぱ世の中ろくなことないや・・・と感じてしまうかもしれません。
逆に、ポジティブ思考な人ならブルーな状態から復活するために、この作品をみてみるというのは良いかもしれませんね。
「自分よりも不幸な人だっているんだ。」と再認識でき、気分復活できるかもしれません。


実はこの鳥肌実さんの作品って、これがはじめてなんですけど、いい味出してますねぇ。
彼独特のオーラが感じられました。
ちょいとチェックしてみるかな。
posted by ゆきち at 22:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下見完了!新巣決定!

こんにちは。ゆきちです。

東京下見も無事終了。新しい巣も決定しました。
新しい巣についてですが、なんといっても、ウッドデッキがあるのがよいp(^^)q
しかも広い(10畳1ルーム)
しかもシネコンが近い(徒歩4分)!
しかも駅まで徒歩5分!
しかもお値段リーズナブル(8万円)
しかも、住宅街なんで、静か!
しかも、隣に音が漏れない!
しかも、いざとなったら駐車場もオケー!

つか、もう文句なしですよ。
これが、会社から歩いて5分とかだったら、もっと良いんだけどねぇ…さすがにそれは無理か


あ、ちなみに、新しく住む場所、あの、あ〇は、の奥様が住んでらっしゃった場所の近くらしいです。
いや、だからなんだって言われると何とも言えないんだけどね。。。


午前中はショボい物件ばかり差し出されたけど、午後になって、ごねたら奥の手が出てきたんでラッキーでした。

ちなみに、早く片付いたんでさっさと名古屋へ帰って映画でもみるかな(*^_^*)
ではでは。
posted by ゆきち at 15:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京下見ツアー

おはよーございます、ゆきちです。
携帯からです。


今日は東京の引っ越し先の下見へ行ってきます。
目的地は、千葉県の行徳付近。
ひょっとしたら、のぞみの指定席がとれないかも?なんて考えていましたが、あっさりとれました。
ただし、三人掛けの真ん中…
これで、両側共に可愛い女性なら良いのですが、どっちもムッサイオジサントカやったらいややなぁ(*_*)

新幹線の中で暇をつぶすためのお供は、小説。
読みかけの、天使と悪魔(ダン・ブラウン著)を持ってまいりました。
上巻しかもってきてないので、読みおわったら読みおわったで、続きを読みたくなりそうだなぁ。。。

もう一冊もってきたけど、まだ読んでないんで、タイトルは忘れました(笑)

そんなこんなで、行ってまいります(^_^)/~
posted by ゆきち at 06:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

送別会(送られる側)

こんばんは、ゆきちです。

今日は会社の送別会がありました。
送別会といっても、実はふたつの意味があったのです。

1つは、もともと一つだった部署が二つに分割されたため。
もう1つは、そのうちの片割れの部署が、東京に行ってしまうため。
特に自分は、好きな人とも離れ離れになってしまうし、つらいところですねぇー(長音記号1)

食べ物自体は、なべ、串焼き、揚げ物、ご飯と一般的なコースでしたが、少々量が少なかったのが難点ー(長音記号2)
でも、こういう暑い時期に、クーラー利かせた部屋で食べるなべって言うのがまたおいしいのですよねるんるん

【もう少し突っ込んだ内容が知りたい】
posted by ゆきち at 23:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

省エネ法とグリーン購入法

こんばんは、ゆきちです。

省エネ法とグリーン購入法について調べる機会があったので、調べた結果をここに書き記しておきます。

【調査の結果】
意味がわからん・・・・

【調査の詳細】
というのも、省エネ法に関しては、こちらのページを参考にし、グリーン購入法については、こちらのページのドキュメントを参考にさせてもらったんですが、言ってる事がばらばらなんですよねぇあせあせ(飛び散る汗)

ここで、仮に、二つはまるきり別個のものだと仮定する。
そうした場合、グリーン購入法の磁気ディスク装置の項目で言っている、単体ディスクとサブシステムの定義は、一体どこにあるの?って話になってくるのです。
定義もなされていないものに基準値つけて、「基準値以下ならばグリーン購入法に適合した製品」とするといわれてもねぇ・・・いまいちパッとこないし。

逆に、省エネ法のみを見た場合、サブシステムの定義、区分については明確に表示されているけれども、その基準値を下回っていた場合にだからどうなの?っていう質問しか出てこないあせあせ(飛び散る汗)
つまり、こちらは、なんか定義はしてあるけど、その値によって製品ステータスにどう影響してくるかがまったくわからない。
そもそも、この数値が努力目標なのか、数値以上だったら製品を出してはいけないのか・・・といったあたりもまったくもってはっきりしていない。

そこで、両方とも不完全な文書であり、記述してある内容も割りと近いことが書いてあるので、両者を付き合わせて見れば何らかの意図が見えるかもしれない!と考えて付き合わせてみてみる。
ところが、両者を一緒に見てもやはりまったくわからない。
似たような式を使って計算して入るものの、その式の係数が微妙に違う。
つまり、似たような言葉、式を使って記述してあるものの、両者の接点がわからないという状態になってしまう。

さてさて、このあたり、一体どうやって考えていけばいいのやら。
もちろん、一方は行政省庁、一方は財団法人なので、情報の重みはそれぞれ違うわけですが。
環境省のほうだけみるにしてもなぁ・・・言葉の定義がしてなかったら、どうにもならんぜよ。


といった感じで、非常にイライラしておりますどんっ(衝撃)
まぁ、また何かわかったら、ブログの方にも記述しますね。
もし何かご存知の方がいらっしゃったら、コメント欄ででもご教授ください。
ではでは。
posted by ゆきち at 00:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

名は体を現す?

【タイトル】
ダリル・R・ピーブルズ牧師、同姓同名のダリル・R・ピーブルズ氏と対面

【URL】
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081152594463.html

【内容】
[ロサンゼルス 10日 ロイター] 米国のダリル・R・ピーブルズ牧師が自分の名前を検索エンジンに入力してみたところ、オーストラリア本土の南東にあるタスマニア島に住んでいる別のダリル・R・ピーブルズ氏を発見した。ところがそれだけではなかった……。

その後、ピーブルズ牧師は自分と同姓同名のオーストラリア人であるピーブルズ氏と何度かメール交換したが、姓名だけでなく他の点でも似ているところが多いことに気がついた。

2人は同じ1949年生まれで、どちらも3人の子供がいる。また、その子供の内2人が同じ1975年、1977年に生まれている。さらにどちらの父親も田舎町出身で、旋盤工として働いていたという。

他にも明らかになった共通点としては、2人とも優れた「パフォーマー」であり、どちらも手品や腹話術を趣味として楽しみ、楽器も演奏できることが挙げられる。

あまりにも共通点が多い2人は約1年間メールのやりとりを続けたが、先週末に初めて実際に会うことができた。2人が対面したのは、ピーブルズ牧師が経営する教会がある米ノースカロライナ州。集まった400人の観客の前で2人はショーを催した。

ピーブルズ牧師は月曜日、ロイターに対して「これで私たち2人は本当の知り合いになりました。それぞれの考え方や性格など、あまりにも似ている点が多いのです。まるで兄弟のようです」とコメントし、「同じ名前で、しかもたくさんの共通点がある人を見つけることができるなんて、私は今でも信じられない気持ちです」と語った。

米国のピーブルズ牧師は、いつの日かショーをタスマニアで開催したいという。オーストラリアのピーブルズ氏は同国政府機関で働いているそうだ。

【自分もレッツ検索】
posted by ゆきち at 22:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。