2006年07月17日

笑の大学

【タイトル】
笑の大学

【関係者】
三谷幸喜(脚本)、星護(監督)、役所広司、稲垣吾郎

【個人的評価】
★★★★☆

【感想】
この作品で一番特徴的なのは、映画全体の9割5分が、「椅子が二つに机が一つ」という部屋で繰り広げられることですね。
で、しかも、出演者は基本的に、役所広司さんと稲垣五郎さんの二人。
これ以外の人は、出ても5分未満。

この、「一つの部屋、二人の俳優」で映画を撮りあげてしまった、という点に何よりも驚きました。

こういったシチュエーションの映画って言えば、sawが挙げられると思うのですが、あれはフラッシュバック形式で、二人以外にも何やかやと登場してきますからねぇ。
笑の大学のほうが、二人きりの時間というのは長いでしょう。

多分これだけ聞いて気になる部分というのは、「そんな一つの部屋に男が二人っきりの映画って、一体どういう話?」ってことだと思いますので、簡単にストーリー紹介。

時代は、太平洋戦争真っ最中。
劇場で演劇を行うためには、台本を事前に作成し、国の許可を得ないと上演できないという設定。
そんな設定の中、吾郎ちゃんは喜劇作家。役所さんは警察の検閲係職員であり、吾郎ちゃんが公演したい台本を何度も何度も修正し、役所さんの所へ持っていくという話です。
このとき、何度も台本を持っていく中で、「どうやったら上演許可が出せるか」というやり取りを、吾郎ちゃんと役所さんの間で行うのですが、このやり取りが面白い。
観てて飽きないです。

時間に余裕があって、なんだかくすっと笑ってみたい。それでもって、最後は感動できれば最高!っていう気分のときに観ると良い映画だと思います。




【関連する記事】
posted by ゆきち at 11:42| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットで長いでしょう星護とか警察など持っていく中で
役所広司は、面白いシチュエーションなど持っていく
役所広司たちが、フラッシュとか挙げられる
ネットでフラッシュなどを作成したかったの♪


Posted by BlogPetのLain at 2006年07月18日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。