2006年07月14日

省エネ法とグリーン購入法

こんばんは、ゆきちです。

省エネ法とグリーン購入法について調べる機会があったので、調べた結果をここに書き記しておきます。

【調査の結果】
意味がわからん・・・・

【調査の詳細】
というのも、省エネ法に関しては、こちらのページを参考にし、グリーン購入法については、こちらのページのドキュメントを参考にさせてもらったんですが、言ってる事がばらばらなんですよねぇあせあせ(飛び散る汗)

ここで、仮に、二つはまるきり別個のものだと仮定する。
そうした場合、グリーン購入法の磁気ディスク装置の項目で言っている、単体ディスクとサブシステムの定義は、一体どこにあるの?って話になってくるのです。
定義もなされていないものに基準値つけて、「基準値以下ならばグリーン購入法に適合した製品」とするといわれてもねぇ・・・いまいちパッとこないし。

逆に、省エネ法のみを見た場合、サブシステムの定義、区分については明確に表示されているけれども、その基準値を下回っていた場合にだからどうなの?っていう質問しか出てこないあせあせ(飛び散る汗)
つまり、こちらは、なんか定義はしてあるけど、その値によって製品ステータスにどう影響してくるかがまったくわからない。
そもそも、この数値が努力目標なのか、数値以上だったら製品を出してはいけないのか・・・といったあたりもまったくもってはっきりしていない。

そこで、両方とも不完全な文書であり、記述してある内容も割りと近いことが書いてあるので、両者を付き合わせて見れば何らかの意図が見えるかもしれない!と考えて付き合わせてみてみる。
ところが、両者を一緒に見てもやはりまったくわからない。
似たような式を使って計算して入るものの、その式の係数が微妙に違う。
つまり、似たような言葉、式を使って記述してあるものの、両者の接点がわからないという状態になってしまう。

さてさて、このあたり、一体どうやって考えていけばいいのやら。
もちろん、一方は行政省庁、一方は財団法人なので、情報の重みはそれぞれ違うわけですが。
環境省のほうだけみるにしてもなぁ・・・言葉の定義がしてなかったら、どうにもならんぜよ。


といった感じで、非常にイライラしておりますどんっ(衝撃)
まぁ、また何かわかったら、ブログの方にも記述しますね。
もし何かご存知の方がいらっしゃったら、コメント欄ででもご教授ください。
ではでは。
posted by ゆきち at 00:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。