2006年07月11日

いわゆる発想の転換ってやつ?

なかなか面白い記事が。

【タイトル】
スピード違反? 道路標識のほうを変えてしまえ

【サイトURL】
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081152037878.html

【内容】
[ロンドン 4日 ロイター] ジョン・ホプウッド(44)はスピード違反で罰金を課されたとき、新しい支払い回避策を編み出した。道路標識のほうを変えてしまったのだ。

彼は時速30マイル(およそ48キロ)の速度制限を破ったところを、監視カメラに撮影された。

そこで彼は時速40マイル(およそ64キロ)の地域に行き、赤い「40」の道路標識を取り外し、時速30マイル地域に戻ってきた。そしてランプポストにそれを取り付け、自分が時速48マイル(およそ76.8キロ)で運転していたのがそれほど重大な罪でないことを示す「証拠」として写真を撮影した。

しかし、すぐに道路標識に疑問を持った他のドライバーたちが問い合わせをはじめ、容疑が浮上した。

報道によれば、マンチェスター王室裁判所のアンソニー・アンソール判事はホプウッドに「愚かな行為でした、失敗してあたりまえです」と言ったとのこと。彼は容疑を認めている。

彼は3日、28週間のあいだ週末に服役する間欠拘禁刑および2763ポンド(およそ58万円)の裁判費用の支払いを命じられた。


【感想】
会社では、ISO担当やってるんですけど、半期に一回内部監査、数年に一回更新時に外部監査が入るのですね。
このときに、ISOの記入漏れ、手落ちなどを指摘されると、「ISO基準書を変えることができればなぁ〜」なんて思ったりしますあせあせ(飛び散る汗)
まぁでも、所詮は高々2年目のぺーぺーに、社内基準書の変更権限なんざないわけで、どっちにしても無理なんですけどね(笑
普段からしっかりやりましょう。

ところで、このニュースの男性への突っ込み。
警察もわざわざ、現場道路の標識を見て「何Km/h オーバーだな」てな具合に決めるわけないでしょ?
どこそこのオービスは、制限時速「30 miles/h」だから、「40 miles/h」で取り締まる。とか、そういった具合に設定し、写真に写っていたら問答無用で速度違反って処理を行っていそうだし。
発想自体は良いのだけれど。


標識レベルじゃなくて、「世界の悪い部分を俺が変えてやる」ってなくらいの気持ちでお願いします(笑)
posted by ゆきち at 06:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。